​斎藤ダソについて

英国クリーンラーニング公認クリーン・ファシリテーター/瞑想リーダー

瞑想指導者として30数年のキャリアを持ち、多国籍の人々とワークして来た経験から、日本人の文化や心理的条件付けに適した形での瞑想セラピー提供に注力。ファミリー・コンステレーションなどのワークなども合わせて、総合的に展開している。
クリーン・ランゲージとシンボリック・モデリングのファシリテーター、クリーントレーナーとして2012年から活動を続ける。
 
2013年にはシャロン・スモール、マリアン・ウェイのコースを日本でオーガナイズし、アセッサー(クリーン・ファシリテイター認定審査をする人)としてのレッスンを始めた。2015年3月にはペニー・トンプキンスとジェイムス・ローリィについて本格的にアセッサーのトレーニングを受け、トレイニーとなる。同年9月。
 
さらには2016年1月トンプキンズとローリィのコースに参加し、自分がどれほど「個人の変容」にエネルギーを注いで来たかを再認識した。もともとシンボルとしての数を探求して来たダソにとって、グロブの言う「メタファー(比喩全般)がその人にとって大切な情報を運んでいる」という洞察はとても納得の行くものであったし、相手の言葉を反復するという技法や、洗練された「クリーンな問い」など、どれをとってもみても自分が探し求めて来た技法であることに間違いはなかった。
 
マリアン・ウェイの著書の翻訳を手がけたことがきっかけとなり、「洗練された日本語で学べるクリーン・ランゲージ」というコンセプトで、創造力の開発、技能育成の講座にエネルギーを注いでいる。